潜在看護師 復帰

ブランクを克服して復職したいと考えている潜在看護師さんへ

潜在看護師の職場復帰

妊娠出産や結婚、親の介護やご主人の転勤などから看護師を離職した潜在看護師のかたでまた看護師として働きたいと考えている看護師さんは多くいらっしゃいます。
こうした潜在看護師さんがブランクを克服して職場復帰するには、とても大切なポイントが3つあります。

 

潜在看護師が求職活動をする前に知っておきたい3つのポイント

 

ブランクの不安を解消するためには復職支援サービスを活用

潜在看護師のための復職支援セミナーを開催している病院や自治体があります。
しかし一番いいのは個々の支援セミナー開催している病院をホームページで探すより「復職支援に力をいれている病院」がたくさん登録されている看護師転職サービスに登録し自分に合ったところを紹介してもらうのが一番の近道です。
全国対応、復職支援が整った病院が多く登録されている転職サービスはこちら

 

病院以外の職場にも目を向けてみる

今まで病院に勤めていたからといって病院の看護師だけが看護師の仕事ではありません。看護師の資格を必要としている職場には「有料老人ホーム」「介護老人保健施設」や「特別養護老人ホーム」などの介護系施設もあります。
また訪問看護ステーションで働く訪問看護師という選択もあります。「有料老人ホーム」「介護老人保健施設」や「特別養護老人ホーム」などの介護系施設もあります。健診センターや企業内看護師やCRAやCRCなどの治験関連職なども人気があります。
企業内看護師やツアーナースなど多岐にわたる看護師求人がある転職サイトはこちら

 

パートや非常勤も視野にいれるともっと働きやすくなります。

子供が小さくてまだフルタイムで働くのはどうも・・・などという潜在看護師の方ならまずはパートなどで働くことも負担にならずいいかもしれません。訪問入浴やデイサービスなど単発のバイトの求人も多くあります。
また新しい分野ですがツアーナースやイベントナースという求人も注目を集めています。このようにパートやバイトの看護師は時間もある程度自由になり家庭と仕事の両立を第一に考えている潜在看護師の方にはオススメです。
パート、単発バイトが多くある転職サイトはこちら

 

潜在看護師の転職に強い求人サイトはこちら